ナチュラルヘルシースタンダードつわり中の栄養摂取にどう?

ナチュラルヘルシースタンダードつわり中の栄養摂取にどう?

つわり中には、食欲も落ちて食べ物の好みが変わる。食べても吐いてしまうなどの食べづわりが有名ですよね。
私も、たべづわりでした。

 

固形物がダメならと、妊娠中のダイエット目的で買ったナチュラルヘルシースタンダード(グリーンスムージー)に賭けたのですが

 

・・・

 

・・

 

 

結果は、だめでした><

 

私には、においがまず受け付けなくなりました。
そして、味もダメ。

 

元々得意な味では、無かったのですが、完全に飲めなくなりました。

 

つわり中は、ナチュラルヘルシースタンダードも中止して、つわりが治まってから
ダイエット目的と栄養摂取目的で再開しました。

 

妊娠中の栄養について

私が切迫早産と言われ気を付けていた事は身体を冷やさないようにという事でした。夏の暑い日でも靴下を履いて、足首を触ってみて冷たければレッグウォーマーも履いていました。

 

もちろん裸足にサンダルなどありえません。冬場には腰にカイロを貼り、つま先にもカイロを使っていました。

 

 

暑い日、冷たい飲み物が飲みたい時もこれを我慢して冷えていない飲み物や暖かい飲み物ばかり飲んでいました。

 

妊娠中は食べるものに注意しましょう。ビタミンAを過剰摂取すると胎児が先天性奇形になりやすいという事で、レバーやウナギをあまり食べないようにしました。

 

 

 

特に妊娠したばかりの、卵細胞の分裂が活発な時期は注意しておいた方がいいでしょう。ウナギは高いビタミンA含有率で知られ、妊娠中に摂っても問題が無い最大のビタミンA量にただ一口で達する程でした。
妊娠中はホルモンに変化が起こるため気持ちの面でも不安な状態になりやすく定期的に心を落ち着かせる時間を取ることが大切です。ですが、運動といい食事内容といい、妊婦さんにとって気を付けなければならないことが多く、なかなか難しいですよね。そんな時は、クラシック音楽に触れてみたり、ゆっくりと読書に励んでみてはいかがでしょうか。
出産前に教養を付けておくと赤ちゃんにいずれ教育をしていくための準備になります。肩肘張らずにトライしてみませんか。

 

 

妊娠中は体重増加しやすい為、適度な運動をすることが大切です。

 

体調に気を付け、少し散歩に出かけるなどし運動を試みましょう。

 

 

 

また、ヨガなどのマタニティ美クスに参加するのも良いでしょう。とはいえ、妊娠中のママにとって体を動かすことはとても重要なことですが、もしものことがないように、運動するのなら絶対に無理のない範囲で行ってください。
「なんだか疲れを感じる」や「体調がすっきりしない」運動をやめて休むようにしましょう。体の負担にならないほどの軽く体を動かす運動が良いですよ。私は40歳近くの高齢出産でしたので、病院の先生方や先輩のママさんからも色々教えていただきました。
やや太り気味と言われていたので、体重をきっちり管理するよう言われました。
しかしながら、お腹がすくと気分が悪くなる、食べづわりだったので、いつも何かを口に入れていました。

 

体重はあっという間に20キロ近く増え、足はむくみっぱなしになり、妊娠中毒で入院寸前までになってしまった、ダメダメ妊婦でした。でも、出産は1時間もかからずあっという間でしたので、最終的には及第点の妊婦だと自負しています。

 

 

船酔い状態な気持ち悪さが常に続くつわりの期間は本当に辛いものです。

 

症状や期間は異なりますが自分なりの対処法を見つけましょう。空腹時に気持ち悪くなる、特定の時間に特に辛いなどパターンを探し出すことで対処が可能になることがあります。仕事がある方は仕事中に休みたいこともあると思います。
安定期前では自分から言い出すのは難しいとは思いますが、少し配慮してもらえるよう誰かひとりだけにでも妊娠を伝えておくと良いでしょう。妊娠の期間中はゆったりとした時間を過ごすようにしましょう。

 

初期の頃は病院でお腹のハリと言われてもなんとなくしか理解できないと思いますが、とにもかくにも負荷をかけないことです。
気持ちは妊婦前のままなので、これは問題ないとかたくさんやることがあって忙しくしていると気持ちが急ぎ目になりますが、労力をかけすぎると切迫流産で入院につながりかねません。

 

 

ちょっとでも疲れを感じたら、体を休めるのがもっとも良い方法です。

 

落ち着いたスローライフもリラックスした気持ちになれて素晴らしいと思います。妊娠するということは奇跡と言えるんだと感じました。

 

私には2人の子供ががいます。

 

ありがたいことに、2人とも妊娠したいと思って間もなく授かり、自然妊娠でした。
これはとても恵まれてることだと思っています。妊娠〜出産までの経緯は人それぞれですが、私もつわりになり、また体質的なものだと言われていましたが、赤ちゃんがとても小さく、安静にしておかねばならず、毎日不安でした。妊娠したから良かったではなく、出産する日まで、気を引き締めておかねばと思っています。

 

妊娠に至るまでのプロセスを知ると、妊娠成立することが、かなり奇跡的だということが分かります。

 

妊娠できる期間というのはとても短いのです。女性は毎月の生理で周期を計りがちですが、赤ちゃんを望むのであれば重要視すべきなのは排卵日がいつなのかということです。

 

生理がきたとしても排卵が行われなければ、妊娠することは無理です。

 

 

妊娠をしたいと思ったら、まずは自分の排卵周期を知ることが重要です。検査薬に陽性を示す縦線が出た時は本当にうれしかったです、が!!どうにもできないつわりの症状が1週間後から始まり、毎日毎日トイレと布団の往復でそんな状況で出社するなんて無理な話で、ほとんど食べることもできない日が続きました。
たった3週間でしたがあのときは本当につらかったです落ち着いた後は赤ちゃんのために葉酸サプリを進んで摂ったり、大きくなるお腹にできやすい妊娠線の予防クリームを塗ったり、出産時に傷が少なく済むように会陰を予め切ってしまうことに恐れを抱いたりもしましたが楽しくお腹の赤ちゃんと過ごすことができました。

 

ナチュラルヘルシースタンダード妊娠中の体験談